補綴治療

補綴治療

補綴治療とは虫歯や歯周病などで失った(もしくは欠けてしまった)歯を、専用の素材を用いて修復し、天然歯に限りなく近い色や形・質感へと仕上げる治療です。
その際に使用する素材の被せ物をクラウン、詰め物をインレーと呼んだりもします。
大阪市旭区のみずたにデンタルクリニックでは、見た目の美しさだけを整えるのではなく、歯並びや噛み合わせのトラブルを改善し、美しさと機能性を両立した治療をご提供しています。

当院では次の目的のもとに補綴治療を行います

  • 自然な白い歯をつくります
  • 歯並びや噛み合わせを良好にします
  • 虫歯・歯周病や口臭の予防処置を行います
  • 将来的に歯を残せる可能性を高め、入れ歯やインプラントの可能性を減少させます

ワンランク上の美しい補綴治療

大阪市旭区の歯医者 みずたにデンタルクリニック ワンランク上の補綴治療当院では、患者様のご要望やご予算に応じて、様々な症例に適した補綴物をご用意しています。
通常保険で被せものや詰め物を行うと、どうしても満足のいく見た目にならない場合が多々あります。

保険での補綴
費用

・保険が適用されるので安く治療できる

見た目

・金属やプラスチック素材が多いため前歯の治療などでは見た目に難あり
・時間経過で変色することもある

機能性

・欠けてしまう・割れてしまうことがある
・金属素材では金属アレルギーの恐れがある

自費での補綴
費用

・使用する補綴物によって変動
・保険と比べると高めの金額になってしまう

見た目

・選ぶ素材によって白さや透明感を選べる
・他の歯とも合わせやすく違和感が殆どない
・基本的に変色の心配が少ない

機能性

・汚れがつきにくく、虫歯になりにくい
・耐久性が高いものが多く、すり減りにくい

そこで、ワンランク上の美しい歯になりたい患者さんには、自費での補綴治療をおすすめしています。
しかしあくまで自費治療は候補の一つでしかありません。
患者さんがどのような治療を必要としているのかを吟味して、どんな治療をするのか一緒に相談した上で納得の得られた治療をパセーラデンタルクリニックでは行っています。

保険の補綴で使用する素材

詰め物(インレー)
大阪市旭区の歯医者 みずたにデンタルクリニック コンポジットインレー
コンポジットインレー

白いプラスチック素材

メリット
  • 色が歯の色に近く見た目が良い
  • 金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • プラスチックのため、時間経過で変色することがある
  • 強度が低く、欠けたり割れたりすることがある

大阪市旭区の歯医者 みずたにデンタルクリニック パラジウム合金
パラジウム合金

主に奥歯に使用する銀色の金属素材

メリット
  • 金属なので強度が高く、奥歯などの強い力のかかる部位に使用できる
デメリット
  • 金属なので見た目が良くない
  • 金属が溶け出して、他の歯や歯ぐきが変色することがある
  • 金属アレルギーの可能性が高い
被せ物(クラウン)
大阪市旭区の歯医者 みずたにデンタルクリニック 硬質レジン
硬質レジン

白い歯科用のプラスチック素材

メリット
  • 色が歯の色に近く見た目が良い
  • 金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • プラスチックのため、時間経過で変色することがある
  • 強度が低く、欠けたり割れたりすることがある。すり減りやすい
  • 汚れが付きやすい

大阪市旭区の歯医者 みずたにデンタルクリニック 金属冠
金属冠(銀歯)

全体が金属でできているいわゆる銀歯。金属素材

メリット
  • 金属なので強度が高く、奥歯などの強い力のかかる部位に使用できる
デメリット
  • 金属なので見た目が良くない
  • 金属が溶け出して、他の歯や歯ぐきが変色することがある
  • 金属アレルギーの可能性が高い

自費の補綴で使用する素材

こ保険で扱う詰め物や被せものの美しさには限界があります。
より自然の歯に近い白さ、美しさ、透明感といった様々な観点から、当院では詰め物や被せものに使うために適した素材をご用意しています。
もし自費治療をご希望の場合には、他の歯との調和などまで考えて候補となる素材をご案内しています。